【Udemy】初心者におすすめのJavaScriptコース7選!

今回は、私が頻繁におすすめしているUdemyのコース紹介シリーズになります。

紹介するプログラミング言語は、毎年安定して人気プログラミングランキングで、上位をキープしているJavaScriptですね。

未来は簡単に予測することが出来ませんが、現時点ではとても需要の高い言語です。特にフロントエンド開発の分野においては、右に出るものはいないんじゃないですかね。

また、私ゲーム開発ブロガーとしてもう1つおすすめしたい理由が、ゲームを作れる所なんですよね。意外とゲーム制作を支援するライブラリなども充実しているんです。

Udemyで初心者におすすめのJavaScriptコース7選!

現在JavaScriptのページを見てみると、約1000件のコースがヒットします。今回は、この中から特に初心者におすすめのコースを厳選して紹介していきますね。

①JavaScriptをとことんやってみよう【超初心者から脱初心者へレベルアップ】 【わかりやすさ重視】

JavaScriptのおすすめコース①

まず最初に紹介するコースですが、Udemyで公開されているさまざまなコースをチェックすると分かりますが、要件の項目にJavaScriptの基礎を習得済みと書かれたコースを多々見かけます。

初心者の方がこのような応用編をいきなり受講すると、講座の内容についていけない可能性が高いので、まずはJavaScriptの基礎を学べる講座から購入するのがおすすめです。

そして、この条件にぴったりのコースがこちらになります。

脱初心者と書いていますが、webpackやbabelといった最新の開発環境に関する部分まで網羅しており、実際の業務を想定した内容となっています。

入門書では理解しにくい難しい単語なども、例を交えるなど分かりやすい解説になっているので、プログラミング未経験な初心者の方におすすめしたい講座となっています。

②実例でわかるJavaScript 初心者講座

JavaScriptのおすすめコース②

続いて紹介するコースがこちらです。

何と言っても基礎が身に付かなければ、何も作る事が出来ませんので、JavaScriptのプログラミング基礎を学んで、プログラムを書けるようになる所から始めましょうといった講座です。

基礎を学びブラウザ上で動作する、Webアプリケーションを作ります。やや、JavaScriptのライブラリであるJquery寄りの内容となっている気がしますが、基礎を身に着ける分には十分な内容と言えるでしょう。

③JavaScript Beginner Bootcamp(2021)

JavaScriptのおすすめコース③

こちらのコースは基本英語となって いますが、内容がとても充実しているのでピックアップしました。やはり個人的に英語コースの方が質が高い印象がありますね。

37時間というボリューム感溢れる講座となっており、ミニアプリの製作からWebサイトの構築までまさにブートキャンプといった内容になっています。

所々クイズ形式になっていて、問題を解いていくことで基礎を理解していきます。

セール時には、24000円が1610円という破格の値段となっており、プログラミングだけでなく英語の学習にもなるので、余裕のある方は挑戦してみては如何でしょうか。

④【JS】初心者から中級者になるためのJavaScriptメカニズム

JavaScriptのおすすめコース④

こちらもJavaScriptの基礎について学べるコースとなっています。

他のコースと違う特徴として、とにかく分かりやすい点です。どうしてこういった結果になるのかという説明がしっかりされているので、表面的な説明だけでなく奥が深いです。

JavaScriptの動作原理について、細部までちゃんと理解したいという初心者の方におすすめしたいコースとなっています。

本で説明しているような、おまじないなので覚えておきましょうと片付けられている内容の裏側をきっちり網羅しているので、本格的にJavaScriptを習得したいのであれば是非チェックしてください。

⑤【JavaScript&CSS】ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底入門(フロントエンド編)

JavaScriptのおすすめコース⑤

最後に紹介したいコースがこちらです。つくづくフロントエンド開発に関するお話をしてきましたが、ベストセラーになっているだけあって、やはり人気の分野なんですよね。

Webサイトを見る側から、Webサイトを制作する側になり、本格的なWebサイトの作り方について学べるコースとなります。

これまで紹介してきたコースが、いわゆるJavaScriptの基礎に関する内容になります。

ある程度知識を習得した所で、応用編として紹介したいのがこちらのコースですね。

やや難易度が上がり、CSSとJavaScriptを使った実践的な内容になりますので、実務を意識した講座になっています。こちらも④で紹介した講師の方と同じで、分かりやすく説明されているので、④をこなした後、こちらの講座を受講するのがベストかと思います。

⑥【世界で3万人が受講】JavaScriptエンジニアのためのES6完全ガイド

JavaScriptのおすすめコース⑥

24万人以上の受講生を抱えるStephen Grider氏の人気コースである「ES6 JavaScript: The Complete Developer’s Guideの完全日本語版になります。

ES6について詳しく学びたい方におすすめです。その機能がどうして必要なのか、何のために使うのかなど、ES6を習得する上で疑問になりやすい点を丁寧に解説しています。

非常にゆっくり話してくれるので、初心者の方に最適なスピードだと思います。

初心者向けのコースとして紹介しますが、個人的には多少予備知識を持っていたほうが理解が深まりやすいかなぁという印象を受けますね。

⑦モダンJavaSciptの基礎から始める挫折しないためのReact入門

JavaScriptのおすすめコース⑦

JavaScriptのフレームワークライブラリの中で注目されているのが「React」です。

Reactは、Facebookとコミュニティに開発されているUI構築のためのライブラリです。FacebookやInstagramなどのSNSで採用されています。

このコースでは、Reactの基礎知識について学べます。Reactが使えるようになると、どのような恩恵があるのか、従来との違いは何なのか理解できるようになるでしょう。

Reactだけに特化した入門書などをよく見かけますが、学習する順序としては、先にJavaScriptの基礎について学んでからReactに取り掛かるべきだと思います。

このコースでは、違いを理解するためにまずJavaScriptの機能について学習した後、Reactについて学んでいきますので、初心者の方が効率よく学べるコースになっています。

まとめ

今回は、UdemyにおけるおすすめのJavaScriptコースについて紹介しました。

やはり、【独学】×【プログラミング】はUdemyが最強だと思っているので、気になるコースは定期的にチェックしておきたいですね。

そして、コースを購入する際は、通常価格ではなくセール時に購入するのがおすすめです。

【プログラミング】×【独学】のコスパ最強はUdemyです!
今回は、私もUnityで普段から利用しているコスパ最強のUdemyに関する紹介です。 Udemyと言えば、世界最大のオンライン学習プラットフォームで学べるコースの数だけ見ても既に10万コース以上あります。 30日間返金保証や、学...