ジャンプアクション【2D】

【Unity】Physicsを使ってオブジェクトを動かす方法

前回アニメーションに使う為の素材を作成しました。 さっそくアニメーションを作りたいところですが、その前に物理エンジンに関するお話をしたいと思います。 Physicsを使ってオブジェクトを動かす方法 PhysicsとはUnityに付...
ジャンプアクション【2D】

【Unity】アニメーションを作成するための素材作り【ペイント】

またまた何かしらのゲームを作ろうという気になってきました。 アクションゲームを作ろうと思っていますが、前回使わなかったアニメーションの機能を使ってもう少しハイクオリティなゲームを作ってみたいと思います。 具体的にはステージがあり...
アプリ

デスクトップの動作をGIFアニメーションにする方法について

このブログを開設して10記事程投稿していますが、ほとんどがプログラミングに関する記事です。 制作中のアプリのソースコードなどは分かりやすいように画像を貼ることが出来ますが、ゲームを実行した際の動きに関しては画像ではなかなか伝わりません...
落ちゲー

[Unity]落ちゲーにゲームオーバー画面を追加する方法

落ちゲーを作り実機にてちゃんと動作を確認することが出来ましたが、やっぱり何かしら物足らないような気がしてなりませんでした。 体力ゲージが0になっているにも関わらず何の変化も起きませんしね。やはりゲームとしてはしっかりゲームオーバー画面...
落ちゲー

[Unity]落ちゲーをPCからAndroidで動かせるようにする

ここまで作ってきた落ちゲーの動作をパソコン上で正しく確認できました。 最後にスマホで動かせるように設定していきます。パソコンは矢印キーで操作することが出来ますがスマホ上には反映されないのである程度修正する必要があります。 Andro...
落ちゲー

[Unity]落ちゲーの体力ゲージの配置と減少処理について

キャラクターの動きやボールに関する部分は大体完成しました。 後は体力ゲージを配置して、キャラクターがボールに接触したら体力が減るようにしていきます。 HPゲージの配置とゲージの減少について UIオブジェクト「Image」で体力ゲー...
落ちゲー

[Unity]落ちゲーでプレハブを作成しスクリプトに渡す方法

制作中の落ちゲーにて落下してくるボールの数を増やす事から始めます。 このままだとボールは僅か1個しか降ってこないのでゲーム性に欠けますからね! Prefabを使ってボールを量産する Prefabは作成したオブジェクトを量産するため...
落ちゲー

[Unity]落ちゲーの当たり判定の実装方法について

キャラクターが動かせるようになりボールも落ちてくるようになって、とてもゲームっぽくなってきました。 しかし、このままだと当たり判定がなくボールがキャラクターに当たったことを感知することが出来ません。ゲームっぽいですが、まだゲームとして...
落ちゲー

[Unity]落ちゲーのキャラクターとボールのスクリプトを作成する

今回は、落ちゲーアプリのプレイヤーのスクリプトを作りたいと思います。前回岩避けってタイトルにしていましたが、よく考えたら「落ちゲー」でしたね。 プログラミングあるあるですが、ある程度時間が空いてしまうと前回どこまでやっていたのか分から...
落ちゲー

岩避けゲーム(仮)を作成する!素材作りから背景画像の配置について

ルーレットアプリが完成して、もっと本格的なゲームが作りたい今日この頃。 やっぱり王道はアクション系のゲームですね。 今回から、プレイヤーを操作して上から降ってくる岩を避けるゲームを作りたいと思います。 「空から降ってくる岩を避...