Godotが学べるおすすめの学習サイトについて紹介します

今回は、2Dゲーム開発に最適で軽量なゲームエンジン「Godot」が学べるおすすめのサイトについて紹介したいと思います。

Godotが学べるおすすめの学習サイト

ここ数年では、ゲーム開発エンジンと言えばやはり大手のUnityやUnrealEngineといったところになると思います。

そんな中徐々にではありますが、確実に進化しているのがGodotEngineだと感じています。

ゲームエンジンを乗り換える場合に候補に挙がるのがGodotではないでしょうか。

世の人達がまだ認知していないだけで、完全無料にもかかわらずシンプルな設計だったり、動作が軽かったりととても高機能なゲームエンジンですので、今後席巻する可能性も十分にあり得ると思っています。

Godotの特徴については、過去の記事でも説明しているので気になる方はチェックしてもらえればと思います。

ここからは、Godotについて学べる数少ない学習サイトについてまとめておきます。

先ほども言ったように、まだまだ認知度が低く、日本語の情報は限られているので参考にしてもらえたらと思います。

①GodotEngineの公式チュートリアル

まず最初におすすめするのが公式のチュートリアルです。

最初の2Dゲームという事で、「クリープをよけろ!」といういわゆる避けゲーを作ります。

全くプログラミング経験がない場合でも、同サイト内にてスクリプト言語について学ぶ事が出来るページも用意されています。

C#で開発を行うことも出来ますが、個人的にはGodotEngine独自のスクリプトである「GDScript」にて開発することをおすすめします。

軽量で分かりやすい構文となっており、実際に開発を行っているユーザーの大半はGDScriptを使用しています。

また、C#の場合は更に情報量が乏しく学習難易度が高まってしまうため、初心者の場合にはGDScriptを使うようにした方が良いです。

入門としてGodotの基本的な知識を身に付ける上でも、最初にこちらの公式ドキュメント内をじっくりと読んでみると良いと思います、

②Udemy

オンライン学習プラットフォームでお馴染みのUdemyでもそこそこGodotの講座があります。

ただし、残念なことに日本語講座はほとんどありません。

外国語でも構わないといった方には是非おすすめです。かなり充実したコースが目白押しですので、動画形式にてじっくり学びたい場合には最適でしょう。

そんな中、私が公開しているコースは日本語講座になりますので、興味がある方は是非チェックしてもらえればと思います。

私が公開しているGodotのコースは、先ほど紹介した公式チュートリアルにアレンジを加えた避けゲーになります。

これから開発を始めたいといった初心者の方を対象としているコースですので、文章を読むだけでは内容が入ってこないという方や、動画形式で学びたいと思っている方におすすめです。

③2dgames.jp

最後に紹介するのがしゅんさんが公開している2dgames.jpというサイトです。

Godotで開発するチュートリアルの種類がとても豊富で充実しています。

完全初心者だとやや学習難易度が高いので、初めに紹介した公式ドキュメントを読んでからこちらをチェックすると良いでしょう。

チュートリアルだけでなくGodotに関する数多くのTipsも記事として公開されているので、色々なギミックを実装したい場合にも役立ちます。

解説も詳しくて分かりやすいため、数少ない日本語情報サイトの中では超おすすめな学習サイトと言えます。