【Unity】豊富なUI!「4000 Fantasy Icons」の紹介

今回は、Unityで豊富なUI用のアイコンを求めている方に最適なアセットを紹介したいと思います。

その名も「4000 Fantasy Icons」という事で文字通り4000以上の手描きアイコンが含まれているお得なセットアセットです。

【Unity】豊富なUI!「4000 Fantasy Icons」の紹介

流石に全てを紹介しきれないので、主に各フォルダにどのようなアイコンが含まれているのかチェックしていきましょう。

①Armor

Armorフォルダの中には更に「500_armor」「500_armor_vol_2」というフォルダが入っています。

Armor

これらのフォルダには、鎧系アイコンが大量に含まれています。

ベルト1つだけみてもとても種類が多いです。ぱっと見古代風2DRPGに最適そうです。

②Resources

Resources

Resourcesフォルダには、小道具系アイコンが豊富に含まれています。

メインアイテムで使えそうなアイコンからどこで使うべきなのかというようなマニアックなものまで、バラエティ豊かです。

クエスト関連でも便利に使えそうですね。

③Skills

Skills

個人的にこのSkillsフォルダが一番魅力を感じました。

物理攻撃から魔法攻撃まで幅広いスキルアイコンをカバーしてくれそうです。

何より高品質なので見た目が美しいです。

④Weapons

Weapons

若干Armorと被る部分もありますが、Weaponは装備系アイコンに特化しています。

こちらもボリューム満点で、各装備のパラメーターを考えようと思ったら大変ですね。

⑤Z_Other

Z_Other

Z_Otherフォルダには、その他諸々といった感じのアイコン集ですかね。

おまけ感がありますが、こちらもバリエーション豊かです。

Demo

4000FantasyIconsのデモ

このアセットのありがたいところは、デモシーンが用意されておりフレームを交えてどのようにU作れるのかが簡単に理解できるところです。

これまで紹介してきたアイコンとフレーム及びバックグラウンドの画像を重ね合わせることで、デモにあるようなUIを作ることが出来るわけです。

まとめ

2DRPGやファンタジー系ゲームを開発している人には物凄く役に立つアセットだと思います。

アイコンの数も多く全体的にバランスがとれているので、UIのセット系アセットで悩んでいる場合にはこちらのアセットをおすすめします。