【Unity2D】RPGの戦闘で使用する魔法エフェクトを作成する | グッドラックネットライフ

【Unity2D】RPGの戦闘で使用する魔法エフェクトを作成する

今回は、2DゲームのRPGにおける戦闘時の魔法エフェクトを作りたいと思います。

例として分かりやすいように魔法エフェクトを作りますが、物理攻撃のエフェクトも同じように作成出来ますので、自分の作成したいエフェクトを用意しておきましょう。

【Unity2D】RPGの戦闘で使用する魔法エフェクトを作成する

まずは、エフェクトアニメを用意します。

炎のエフェクト

こんな感じの素材ですね。私は、ぴぽや倉庫さんのエフェクトを使わせて頂きました。

まずは、使いたいエフェクトをインポートします。

炎のマテリアルを作成する

Projectウィンドウから「Create」→「Material」で新規マテリアルを作成します。私は炎のエフェクトを作成するので名前を「FireMaterial」にしました。

ファイアーマテリアルの設定

Shaderを「Mobile」→「Particles」→「Addtive」に変更したら、炎のエフェクトをParticle Textureに設定します。

パーティクルシステムの作成

Hierarchyウィンドウから「Create」→「Effects」→「Particle System」をクリックします。

名前を「FireParticle」など分かりやすいものに変更します。

パーティクルの設定①

パーティクルの設定ですが、この辺は作成するエフェクトによって異なりそうですが、私の場合は上の画像のようにしました。

7枚の画像でファイアーを演出するので、1回の演出を長めにしてしまうと、スローなパラパラ漫画のようになってしまうので、1秒間に設定しています。

パーティクルを時間に応じて連続で発生させる必要はないので、「Rate over Time」は0にしてBurstsの「Count」を1にします。

「Shape」機能は今回使用しないのでチェックを外しておきます。

パーティクルの設定②

続いて「Texture Sheet Animation」にチェックを入れて「Tiles」にエフェクトの列と行の数値を入力します。私が使用するエフェクトアニメの場合は、Xが「7」、Yが「1」となります。

最後に「Renderer」の「Material」に先ほど作ったFireMaterialをセットします。

適当にシーンビューに配置してみて作成したエフェクトを再生してみましょう。

こんな感じですね。私のようにコマンド形式の2DRPGを作成する場合におすすめです。