SDユニティちゃんを使ったランニングゲームの製作を始めよう!【概要編】

今回から久しぶりに、新しいカテゴリ「SD版Unityちゃんのランニングゲーム」を作ってゲームの製作工程を随時投稿していきたいと思います。久しぶりの本編といった感じですね。

使用するモデルは相変わらずUnityちゃんです。やはり初心者の方が使いやすいと思うのでね。

スポンサーリンク

SDユニティちゃんのランニングゲームの製作

★併せて読みたい記事

【Udemy】初心者におすすめなUnityのコース7選
前回、Udemyの魅力について紹介しましたが、いざ始めようと思うとどのコースが良いのか分からないと思うので、今回は初心者の方にオススメなUnityのコースを厳選したいと思います。 何しろコースの数が膨大ですからね。選ぶだけで結構な時間...

ゲームの概要

ランニングゲームのイメージ

とりあえず適当にTerrainを細長くして配置してみました。このTerrainがステージとなり一番手前にUnityちゃんを配置します。

カメラは、Unityちゃんの背後に配置してUnityちゃんが奥行き方向に進んでいくようにします。

ただ進むだけでは面白くないので、途中には敵を用意してUnityちゃんの行く道を拒むようにします。

操作方法は、左右に移動させるボタンとジャンプ用のボタンを画面上に表示させて、タップに合わせて移動及びジャンプを行うようにします。

長く進めば進むほど高得点となるようにスコア機能も付けます。ゲームオーバーの条件は、敵に接触したときになると想定しておきます。

基本的なゲームの流れはこんな感じですが、制作中に色々とアイディアが浮かぶかもしれないのでその都度機能を追加していく予定です。

このゲーム制作で学べる事

これまでも色々なゲームを作ってきているので今更という感じではあるんですけど、学べることについて箇条書きにしておきたいと思います。

  • 3Dキャラクターの動かし方について
  • ゲームに必要不可欠であるスコアやライフなどを作成するために使うGUIの作り方を学べる
  • ステージの自動生成する方法について
  • 敵に衝突したときのダメージ処理について
  • Nested Prefabの使い方について

掘り下げるとまだまだあると思いますが、少なくともこれらの知識を学ぶ事が出来ると思います。

こういった想定が出来るようになったのも、これまでに色々なジャンルのゲームを作ってきたおかげかなと思っています。

ゲームに必要なアセット

このゲームの製作にあたって必要になりそうなアセットについてまとめておきます。

  • Standard Assets
  • SD版Unitychan
  • 敵オブジェクトとなるアセット
  • その他ステージなどのデザインにまつわるもの

ざっと挙げるとこれくらいは最低でも必要になりそうですね。

Standard Assetsに関しては、どんなゲームを作る際にも常にインポートしています。絶対に必要となるかどうかは分かりませんが、何かと役に立つ機能が豊富に揃っているので。

というわけで、次回から本格的に制作を行っていきたいと思います。