3Dゲーム制作で使いたいエフェクトアセット5選!【Unity】

今回は、3Dゲームを作る際に是非使いたいエフェクトアセットについてまとめておきます。

エフェクトは、ゲームの盛り上がりを演出するために必要不可欠ですので、利用できる機会があればどんどん取り入れていきたいところです。

エフェクト系のアセットの良い所って、大体がプレハブをドラッグ&ドロップするだけで良いので初心者でも簡単に使える点ですよね。

3Dゲーム制作で使いたいエフェクトアセット5選!【Unity】

①Unity Particle Pack

まず最初に紹介するのが、Unity公式がリリースしている「Unity Particle Pack」です。

ファイヤーやアイスといった基本的な属性に関わる魔法エフェクト等約50種類ほどのエフェクトを利用することが出来ます。

映像で見ると分かるんですが、どのエフェクトもリアルで綺麗なので、本当に無料アセットなのかと疑ってしまうほどですね。初心者の方が始めてエフェクトに触れるのであればこちらの無料アセットからでも十分でしょう。

ただ、インポートした際にプロジェクトに問題が発生するなど、トラブルの報告もありますので利用する際には極力バックアップをとっておくことを推奨します。

②Realistic Effects Pack 4

続いて紹介したいのが「Realiscic Effects Pack 4」です。

先ほどの無料アセットに比べると種類の数が30種類程と少なくなるんですけど、各エフェクトのデザインの美しさが半端じゃないです。

アセット名に「リアル」と入っているだけあってクオリティの高さが凄いですね。また、各アフェクトにはそれぞれサウンドも設定しているので臨場感があります。

世界観で言うとFF15やダークソウルみたいな感じですね。壮大なRPGを制作する際に効果を発揮してくれます。

使い方に関するチュートリアルも用意されているので、まずはそちらを参照すると良いでしょう。

デモムービーを見るだけでなんだかテンションが上がっちゃいますね・・・。

③Ultimate VFX

次に紹介するのが、究極と言うだけあってエフェクトの数、種類、美しさどれをとっても超一級品の出来栄えとなっている「Ultimate VFX」です。

スプライトシートの数もとても多く、2D及び3Dどちらにも適応しています。プレハブの数も300以上にも及ぶので、バリエーションに困る事はないと思います。

見た目の美しい高品質のエフェクトが勢ぞろいですので、あなたのゲームを美しく彩ってくれることでしょう。

こちらも、チュートリアル動画及びドキュメントが用意されています。

④Cartoon FX Remaster

漫画風のエフェクトを使用したい場合におすすめなのがこちらです。

リアルよりカジュアル系の3Dゲームを作りたい場合にマッチするんじゃないでしょうか。

エフェクトの種類も50種類以上用意されていますし、公式ページのWebGLデモから実際にエフェクトの見栄えも確認出来ます。

Cartoon FXシリーズは、他にもバージョンを変えて何種類かリリースされているので、使用したいエフェクトが含まれているものを購入すると良いでしょう。

3Dだけじゃなく2Dでも使えるなど、柔軟性も高いので是非チェックしておきましょう。

⑤Epic Toon FX

こちらも漫画調のエフェクトとなっていますが、最大の特徴がエフェクトの数の多さです。かなり膨大な数になっているので、まさにエフェクトコレクションといった感じですね。

RPGで必須の戦闘に関するエフェクト、環境の変化に関するエフェクト、インタラクティブ効果などさまざまな場面で利用できる豊富なエフェクト群となっています。

ゲームを作成するために必要なパーティクルは、ほとんど補う事が出来ると思います。

もちろん、エフェクトの見た目もとても綺麗なので他のアセットに劣ることもありません。

まとめ

エフェクト系アセットは、種類が豊富なんですが、とにかく質の高いエフェクトが多く揃っていることが分かると思います。

エフェクト1つでゲーム全体の雰囲気が大きく変化するので、やはり重要な要素なんですよね。