【Unity】格闘ゲームの制作におすすめのアセット3選!

今回は、Unityで本格的な格闘ゲームを作る際におすすめのアセットを紹介します。

Unityのアセットストアには、ストリートファイターや鉄拳などの本格的な格ゲーを作るための強力なアセットが存在するので、是非チェックしておきましょう。

【Unity】格闘ゲームの制作におすすめのアセット3選!

①UFE 2 STANDARD

まず最初に紹介したいのがUniversal Fighting Engine2です。

その名の通り、格闘ゲームを作成するためのゲームエンジンです。

公式ページの動画を見ても分かるように、グラフィックがとても美しいです。これらの本格的な格闘ゲームを0から作ろうとすると物凄い労力がかかってしまいますが、UFE2なら開発に必須なフレームワークが含まれているので、利用する価値は十分にあります。

ちなみに、UFE2シリーズはいくつかのプランが存在しており、今回紹介しているのは「Standard」バージョンになります。

他のシリーズには「Lite」「Basic」「Pro」「Source」などあり、使用する用途によってプランを変更すると良いと思います。

2Dメインならば一番価格の安いLiteバージョンからでも良いと思います。別のバージョンも購入したい場合は、上位バージョンとの差額を払うことで対象バージョンにアップグレード出来ますので、凄くありがたいシステムになっています。

②Fighting Animset Pro

格ゲー向けのモーションが230以上含まれているアニメーションのセットです。

モーションの種類がとても豊富ですので、別に格ゲーにこだわらなくても多ジャンルのゲームでもかなり使える汎用性の高いアセットです。

ただし、アニメーションをまとめたアセットでありコントローラーなどは付いていないのでその点は注意しておきましょう。

③Frank Fighting Set3

格闘ゲームに登場させるキャラクターをとりあえず手に入れたい場合におすすめなのが、こちらのアセットです。

キャラクターのデザインが選べないのは仕方ありませんが、200以上のモーションが用意されているので、格闘ゲームには向いています。

必要なものだけ欲しい!という場合に利用できるアセットの1つです。

まとめ

今回紹介したアセットはどれもそれなりの値段となっていますが、やはり本格的な格ゲーを作るとなると多少のコストは仕方がないのかなと思います。

コスト以上に得られるものが多いと思いますし、今の時代ここまでクオリティの高いゲームを個人で開発することが出来るのですから、やっぱUnity及びアセットストアの存在って大きいですね。

最近は、ゲーム開発する時間よりアセットを探している時間のほうが長いかもしれないので、時間の使い方にも気をつけないといけないなぁ。