ダンジョンが簡単に作成できる「Dungeon Architect」の紹介【Unity】

今回は、ダンジョンを高速且つ簡単に作成することが出来る優良アセット「Dungeon Architect」を紹介します。

敵の出現するゲームには欠かせないダンジョンですが、なかなか思うように構築できない方におすすめ出来るアセットとなりますので参考にしてもらえればと思います。

ダンジョンが簡単に作成できる「Dungeon Architect」の紹介【Unity】

まずは、Unityにインポートします。

Dungeon Architect①

インポートが完了すると、このようなウィンドウが表示されると思います。

ちなみに、私が利用しているバージョンはこの記事を投稿した際の最新バージョンである「1.18.0」になります。

もし、このようなウィンドウが表示されていない場合は、メニューバーに「Dungeon Architect」という項目が追加されているはずですので、そこから「Launch Pad」を選択してもらえれば同じような画面が表示されます。

ここには、様々なテンプレートが用意されています。まずは左にある「Samples」という項目を選択してみます。

Dungeon Architect②

Samplesの中にある「Demo」シーンを読み込んでみます。

Dungeon Architect③

Demoを選択して「Open Scene」をクリックします。

Dungeon Architect④

ビルドをクリックと書いてあるので、ヒエラルキーウィンドウにある「Dungeon Grid」を選択します。

Dungeon Architect⑤

Debug Drawの下にある「Build Dungeon」をクリックします。

Dungeon Architect⑥

すると、今度は先ほどのデモとなっていたダンジョンが作成されます。

同じような要領で色々なテンプレートを開いてみると良いでしょう。テンプレートを多少カスタマイズするだけで、それっぽいダンジョンが作れるので非常に強力です。

面白いなぁと思ったんのはマリオ用のテンプレートが用意されている点ですかね。

Dungeon Architect⑦

シーンを読み込むとこんな感じです。

この見た目だけでもクオリティの高さを感じますが、ゲームを実行するとキャラクターを動かすことが出来るので、既にゲームが完成されている感じですね。

まとめ

Dungeon Architectは、手続き型のジェネレーターとなっておりオリジナルダンジョンのレベルデザインに最適です。

また、ノードベースなシステムとなっているので全体像を把握しやすく初心者でも使いこなせると思いますので、ダンジョン生成で困ったら是非利用してみると良いんじゃないかと思います。