【WordPress】Excelで作った表に簡単に行や列を追加

今回は、Excelで作成した表をWordPressに貼り付けた後に、新たに行や列を追加する簡単な方法について紹介します。

スポンサーリンク

【WordPress】Excelで作った表に簡単に行や列を追加

WordPressを運営していると、表を利用する機会が非常に多いと思います。

そして、私のように表をExcelで作成してWordPressに貼り付ける人も同様に多いことでしょう。

作成した表データをExcelに保存していた場合は、簡単に行や列を追加することが出来ますが、表データが無い場合はこの後紹介する方法で行や列を追加することが出来ます。

WordPressから行を追加する

モンスター表HP攻撃力防御力
スライム101020
ドラゴン202030
ドラキュラ303020

例としてこのような表を作成しました。

モンスターのパラメータをまとめている表ですが、新たなモンスターを追加したくなる場合があるでしょう。

「ドラキュラ」の下に「ゴブリン」という行を追加してみます。

テキストモードに変更して、表の行部分を指定する<tr>~</tr>の部分をコピーします。ドラキュラ行の下に新たな行を追加したいので、ドラキュラ行に該当するタグをコピーしています。

</tr>で改行してCtrl+vで貼り付けます。

後は、「ドラキュラ」部分を「ゴブリン」にして攻撃力等を変更します。

モンスター表HP攻撃力防御力
スライム101020
ドラゴン202030
ドラキュラ303020
ゴブリン103010

すると、こんな感じでゴブリンの行を追加することが出来ます。

WordPressから列を追加する

続いて、列を追加します。新たなパラメータとして「敏捷性」を追加します。

今度は、セルの定義を指定する<td>~</td>タグをコピーして画像内赤枠のように貼り付ければOKです。

モンスター表HP攻撃力防御力敏捷性
スライム10102020
ドラゴン20203020
ドラキュラ30302020

すると、このように敏捷性というパラメータが列として追加されました。

まとめ

基本的に、コピー&ペーストで簡単に行や列を追加することが出来るので、WordPress初心者にもおすすめの編集方法だと思います。

追加の方法が分かれば、同じように削除する方法も自ずと分かると思うので、色々とテキストのタグをいじってみては如何でしょうか。

WordPressにおすすめのレンタルサーバー
エックスサーバー

当ブログでもエックスサーバーを利用しています。
レンタルサーバーの王道的な存在で、長年の実績もあり安定性抜群です。
初心者がWordPressのレンタルサーバー選びで迷ったらエックスサーバーで間違いなし!

ConoHa WING

最新の高性能サーバーを利用して圧倒的な速さが魅力のConoHa WINGもおすすめです。
サーバーの処理速度にこだわりがあるのであれば要チェックです。

ColorfulBox

格安の月額料金から利用することが出来るのがColorfulBoxです。
数多くのプランが取り揃えられていますので、費用を掛けたくない人におすすめです。

ブログ運営
スポンサーリンク
うしくんをフォローする
グッドラックネットライフ