「Groovy」の特徴と使い方について【Javaにそっくり】

以前、javaの特徴について紹介しましたが、javaは仮想マシンというソフトの中で実行されるんでしたよね?

とても便利な機能なんですが、javaでしか使えないなんてなんだかもったいないですよね。

そこで今回紹介するのが最近注目されている「Groovy」というプログラミング言語です。

javaの仮想マシンの中で動作する言語がたくさんあるのですが、その第一人者のようなものが「Groovy」になります。

スポンサーリンク

Groovyの特徴とは

簡単に説明すると、Javaを簡単に書けるようにした言語です。基本的な文法はほとんどJavaと同じですが、ややこしい部分を修正してくれるので、簡潔になっています。

当然仮想マシンの中で動くことに変わりはないので、Javaのランタイムは必要です。

Groovyのコマンドを実行するだけで使えるので、難しい作業はないんですけどね。

Javaに似ている

先ほど説明したように、Javaに似ているのが特徴の1つです。

Javaをシンプルにしてもっと使いやすくなったイメージですね。文法が似ているのでJavaを理解している人ならとっつきやすいと思います。

シンプルになっている例として、文の最後につけるセミコロンが不要だったり、変数は型をつけなくてよかったりします。つけても間違いではないんですけどね。

Groovy Consoleで簡単に使える

Groovy Consoleは簡易エディタみたいなものです。

このエディタを使ってスクリプトを書くことで簡単に実行することが出来ます。

驚くかもしれませんが、クラスの記述が不要で、実行したい内容だけ書けば動いちゃいます。

このポテンシャルの高さがGroovyの魅力ですね。

Javaのプログラムが使える

仮想マシンで動くということは、Javaのプログラムにコンパイルされて動いていることになります。

つまり、GroovyとJavaのプログラムは同じものって事ですね。Groovyのスクリプトの中からJavaのクラスなどをそのまま呼び出して使う事も出来る訳です。

Java経験者には良いことずくしって事ですね。Javaのプログラム全部使えちゃうわけだから。

Groovyの使い方について

それでは、実際にGroobyをインストールして使ってみましょう。

まずは、JDKが必要になるのでJDKをインストールしておきましょう。

次に、Groovyの公式サイトにてダウンロードします。

私のPCはWindowsなので、下の方にある最新バージョンの「Windows installer」を選択します。

ダウンロードが始まりますので少し待ちましょう。

ダウンロード完了したら起動してインストールしていきます。

groovyをインストールする

全て「Next」でOKです。途中で保存先を確認されるので適宜変更してください。

スタートメニューにgroovyが表示される

インストールが完了したら、スタートメニューに「Start GroovyConsole」が表示されると思います。

早速開いてみましょう。

GroovyConsole

非常にシンプルなデザインになっています。

とりあえず、サンプルとして1から10まで足し算していくプログラムを書きました。実行するときは、赤枠で囲んでいる実行ボタンをクリックすれば下にコンソールに結果が表示されます。

結果はちゃんと55と表示されていますね。

こんな感じでjavaに似ていますが、java以上にシンプルに書くことが出来ます。

内部的には、javaにスクリプトが書き換えられて動いてるんですけどね!そこを省略して上のスクリプトのように簡単に書けるところがGroovyの魅力です。

まとめ

Javaを勉強している人や、javaが難しい!って人にオススメな言語になっていると思います。

初心者の方にとって優しく作られていますからね。ある程度勉強することで、Groovyの基本的なプログラムの書き方が理解できると思います。

あまり耳にしない言語ではありますが、AndroidStudioなどの開発ツールにおいてビルド処理をGroovyが行っていたり、さまざまな場所で使われています。

また、Gradleというjavaのビルドツールの記述言語にもなっているので、本格的にjavaを学ぶのであれば一緒にGroovyについても勉強して損はないと思います。

Gradleで開発!ってなったらGroovyで処理を書かないといけませんからね。